1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、スキール

どうも、1300トンの男です。

 

キールという言葉を見て、知っている人は相当乳製品の情報について敏感な方ではないかと思います。

 

キールアイスランド発祥の乳製品で、水切りヨーグルトに良く似た食べ物です。

およそ1000年ほど前から存在したそうで、アイスランドの家庭では欠かせない乳製品だそうです。

 

種菌の種類がヨーグルトの乳酸菌とは違うものであるため、糖分は低く酸味も少ないが、たんぱく質や脂肪分が豊富な栄養価の高い食品です。

 

キール自体は淡泊な味なので、料理に使用したりジャムやはちみつなどで味付けして食べたりするもので、マスカルポーネチーズの代わりにしたり、ギリシャヨーグルトのような食べ方ができるものです。

 

日本では長らく食べることが出来なかったのですが、この春に日本ルナから販売されるようです。

 

あと、京阪神にお住まいの方はこちらのお店オススメです。

goo.gl

ここで売ってるスイミーという乳製品がそのスキールのようです。

素敵なお店なので一度訪れてみて下さい。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

 

1300トンの牛乳、値上げに対する反発

どうも、1300トンの男です。

 

4月からの値上げをお願いすべく見積もりを取引先にどんどん送っていますが、色々反発もやってきています。

 

今日は特にその連絡も多く、このところ特に落ちていたせいもあって、事務所にいるだけでしんどくなってしまいました。こういう時にお互いにストレスのぶつけあいをする職場に長時間いるのは厳しい。

 

とりあえず、値上げの連絡を直接するべく地元病院へ行き、その後値上げに対して相談したいと某保育園へ行くと、その保育園、三園をまとめている理事から、この金額では到底無理なので、4月からはやめさせてもらうしかないと、なかなかの脅しをかけてこられました。

 

その後も色々な取引先から様々なクレームや脅しのような電話が。

いよいよ、値上げ告知の反動のピークみたいですね~。

 

明日も、2箇所ほどその交渉に行く予定です。

そう考えただけで、帰宅してからもひどい精神状態でしたが、月に数回通ってる英会話教室に行って、随分気持ちがほぐれました。

 

まだまだストレスはあるし、値上げの反発はまだまだあるのですが、考え方を少し変えることにしました。

 

ベストは尽くす!でも、勝敗は兵家の常。何か言われたら持ち帰って、会社で一緒に考えてもらう。そうしていかないと、これから数々起こる反発に対応してはいけないなーと感じました。

 

長く戦い続けるためには、しぶとく生きていかねば。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

1300トンの牛乳、アボカドの種ヨーグルト

どうも、1300トンの男です。

 

ベジタリアンの方を中心に、アボカドの種でヨーグルトを作るというのが流行っているようです。

 

種でどうやって作るのだろうと思ったのですが、調べたところアボカドを割ったときの種を洗わずにそのまま容器に入れ、牛乳や豆乳を入れ室温で置いておくそうです。

 

夏場なら24時間以内、冬場なら2~3日が目安でヨーグルトができるそうで、注意点としては余計な菌が入らないように、かつ通気できるようにキッチンペーパーなどでフタをしておくことらしいです。

 

固まった後は冷蔵保存すればよいそうですが、これはそもそもヨーグルトなのか??

私が調べた範囲では、アボカドの種に乳酸菌は含まれていないようです。

 

種の表面にはぬるぬるがあって、発芽抑制効果があると説明があるものもあったので、そのぬるぬるが乳を固化させるのか?

 

見た目と味がヨーグルトに近いのでヨーグルトと言われてるでしょうから、一度試す必要がありますね~。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

1300トンの牛乳の値上げ行脚

どうも、1300トンの男です。

 

4月から、生乳価格の改訂があり、それに伴う乳製品の値上げがあることは以前に書きましたが、まさに今そのお知らせを郵送したり、メールしたり、FAXしたり、直接渡したりといったことしている最中です。

 

取引先によって、反応は色々ですが、もちろん喜んでくれる先はいないので、基本胃がきゅっとなる作業となります。

 

そんな中でも、値上げになっても「この牛乳から変えるという選択肢はないからなぁ」と言ってくださるお客様がちょくちょくいらっしゃるのには嬉しくて胸が詰まります。

 

今回の乳価改訂の値上げの機会に、以前から不採算なとんでもない低価格の値段だった取引先なども調整しなければならず、そういった先にとっては大きな値上げとなります。

 

過去の営業が、むやみに安い価格を付けていたことや、そのまま放置していた会社のツケを清算すべく、後輩と二人で話をしに回っています。

 

なかなか、神経をすり減らす作業なので、これ以上変な低価格の仕事を持ってこないようにしてほしいなぁ、社長。お願いしますよ~。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

1300トンの牛乳、猫用ミルク

どうも、1300トンの男です。

tambamilk1300t.hatenablog.com

以前、猫にミルクを与えるには注意が必要ということを書いたことがありますが、実は猫用ミルクというものがあるようです。

 

お湯で溶かす粉末タイプ、そのまま飲む液体タイプがあり、その中でも子猫用、成猫用、シニア用などど細かく分かれているようです。

 

シニアより、成猫、成猫より子猫用のほうが栄養価が高く、カロリーも高いので、ちゃんと年齢にあったものを与えないと、肥満や糖尿などの恐れがあります。

 

普通の牛乳と違う点としては、乳糖を少なく、あるいは0にしているとことろです。猫は乳糖を分解する酵素を持っていないので、乳糖が多くあると下痢をする恐れがあるからです。

 

そのため、乳糖がそもそも少ないヨーグルトは人間が食べているものでも、少しくらい与えても問題ないようです。こさじで1~2杯ということですが。

 

乳酸菌自体は猫の腸内環境にも良いようで、猫用の乳酸菌フードなども販売されているようです。色々あるものなんですね。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

 

 

1300トンの牛乳、事務所2階スペースの活用

どうも、1300トンの男です。

 

今朝は、休み明けで会社に行くのになかなか元気が出なかったので、会社についたら明るい話題を話そうと決めていました。

 

そこで、事務所2階スペースをイベント会場化するか、テナントとして貸し出して、そのついでに、牛乳・ヨーグルトの直売をして在庫過剰対策とするのはどうか?と提案してみた。

 

ネガティブな反応しか来ないかなと思いきや、概ね好意的な反応でした。

 

問題点としては、

 

・部屋に空調設備がない

→夏場は休みにして、冬場は石油ストーブにて対応か?

 

・営業時間中はトラックの出入りがあるので、通行人が危なくないか?

→これについてはお子さんの通行など想定されるので、何か対策する必要あり

 

・その部屋に入るのに更衣室の前を通るのがちょっと

→これ、そんなに問題なのか??できない理由を挙げているだけの気もするが・・・。

 過去にも別組織の事務所として使われていた場所なので、更衣室の前を人は通ってたのではと思うが、それに固執している人をどうにかしないといけない。経理の人だし。

 

という感じでした。

 

懸念してた事務所での乳製品販売を嫌がるというのは、思ったほどではなかったが、必須条件として、事務所内に冷蔵ショーケースを置いてお客さんに見てもらえる状態であること、でした。

 

冷蔵ショーケースも手に入れないといけないのか~~。これが意外と大変かも。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

1300トンの牛乳とジェラード

どうも、1300トンの男です。

 

今日は代休をいただいてたので、舞鶴に日帰り旅行に行っていました。

そこにお気に入りのジェラード屋さんがあるのですが、久しぶりにそこへ行ったのですが、いつものようにジェラードを食べていて、ふと牛乳の話になりました。

 

実は以前訪れた時に、乳業で働いてることを伝えたら丹波乳業の牛乳にちょっと興味を持ってくださってたのです。

 

それで、少し前に家内が食べに行くときに「氷上低温殺菌牛乳」を持っていってもらってたということがありました。

 

その「氷上低温殺菌牛乳」がとても美味しかったと言ってもらえました。超高温殺菌の牛乳とはまるで違う、ほんとの牛乳とはこういうものなんだと感じたと大絶賛ですごく嬉しくなってしまいました。

 

是非使いたいと言われたんですが、あいにく物流は通っていない・・・。今回一緒に行ってた友人がパン屋を始める予定でイベント出店でこのジェラード屋さんに来るかもしれないという話になったので、その時に持っていってもらうことはできるので、スポットでは納品できるかなと。

 

ずっと使っていただくには色々考えないといけないけど、素材にこだわりあるお店にうちの牛乳を気に入ってもらえたというのはすごく嬉しい出来事でした。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com