1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの男のメンテナンス法

どうも、1300トンの男です。

 

1ヶ月の休暇の間に心も身体もしっかりメンテナンスしておこうと決めて、毎日いろんなことをしています。

 

心療内科からは、動悸や震えに効くという漢方を処方されていて、これを1日3回服用しています。副作用の少ない薬と言うことですが、効き目は良いようで毎朝起こっていた動悸はかなり少なくなっています。

 

同時にポジティブ思考に自分を持っていくという誘導は、じわじわとしか進んでない気はしますが、それでも友人と会う時の自分の表情が段々自然になってきた気はしています。

 

また、漢方薬局で今の不調に合わせた薬を処方してもらっています。内蔵が弱っている部分が大きいとのことで、胃薬を中心飲んでいます。胃薬がとても苦いのと粉が溶けにくい上にやたらと量が多いので、飲み下すのに苦しんでますがw

心には直接関係がなさそうですが、漢方を飲み始めてから数日で、花粉症による鼻づまりがなくなりました。これにより睡眠の改善もあると思います。

また薬剤師には身体のゆがみが強いという指摘も受けました。

 

週1回ほどですが、ヨガにも通っています。

呼吸を整えることで、心にも良い影響を感じていますし、身体も少し整う実感があります。効果を感じるので続けていくことにします。

 

右肩に不調があったので、整形外科に何度か行きましたが、これは全くだめでした。

どうも問題が筋肉にあるわけではなさそうだからです。ただ、筋肉の問題ではないとはっきりわかったのは良いことでした。

 

内科でも見てもらって、肝機能にやや悪い数値があるが薬治療するほどではないとのこと。ただ、肝臓が弱っているという重要な情報は得られました。

 

右肩の不調でやめていた水泳を再開しました。

これはやはり気持ちいいです。身体も心地よく疲れますし、気分も良くなるので、効果が高いと感じました。ただ、右肩には痛みが出ます。

 

最後に複数の整体に行ってみました。

これは非常に良かったです。右肩はひどい炎症でもないのに痛み続けるのがわからなかったのですが、一つの整体でなんらかの原因で右肩周りの筋肉が引っ張られて痛みが起こっているというところまで判明させてくれました。

もう一つの整体では、内科・漢方・整体の全ての内容を問診で説明することで、原因を特定してくれました。

 

私の肝臓が弱っていることが原因ということです。恐らくは幼少期からの頭痛薬の服用で弱っている肝臓に中性脂肪が増えて少し負担が増し、それにストレスが加わることでさらなる不調を招いたとのこと。

現在肝臓がかなり大きくなっている(しかし、これは病気というレベルではなく、少なからずこうなっている人がいるとのこと)ので、その重みを支える為に右半身にかなり負担がかかっていて、腰と右肩に一番強く症状が出ているとのこと。

 

以上のことから、整体とヨガは半年~1年の間続けていき、漢方は金額的な負担も大きいので、ある程度回復したら終了しようかなと考えています。

 

しばらくぶりのブログですが、1300トンの男は現在こんな状況です。

休暇始まったばかりの時よりも少し元気になっていると思います。

 

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

1300トンの男の取扱説明書

どうも、只今充電中の1300トンの男てす。

 

休職中と言えども、身体はまあまあ元気で、身体を動かしたり人に会うほうが良いので、良く出かけています。

 

しかし、会う相手としては私にどう接したら良いのか迷う人もいると思います。

なので、今回は今の状況での私のトリセツを書いてみます。

 

まず、内臓がちょっと疲れてますが他は花粉症以外問題ないので、運動食事飲酒は問題ないです。少し油物や甘い物やお酒は控え目にするくらいのものです。

 

大きな問題としては、運転は暫く控えたいので、出かける足がないことが多いです。

これはおいおいバイクなら運転できると思うので、今しばらくの間ですが。

 

あとは、あまりネガティブな話ばかり聞き続けるのがしんどいようです。

もちろん多少の愚痴を聞くとか、大丈夫なのですが、たまにずっと人の悪口しか言わない会話とかあると思いますが、そういうのが今はきついみたいです。

 

この程度なので、もし会った時には今まで通り普通に声かけて下さいねー。

私の仕事の話もネガティブじゃなければ全然構わないです。

とにかく今は考え事や心配事を減らして、ポジティブ思考ができる方向に進めているところですので。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

 

1300トンの男の充電の仕方

どうも、1300トンの男です。

 

今回は、私がどのように充電しようとしているのかを書いてみます。

 

医者や、漢方の薬剤師、東洋医学を勉強中の妻の言うことを基に、自分なりにできそうな形で考えてみました。

 

ゴールとしては、

職場に復帰して、あのネガティブの嵐の中でも、前向きなままで笑っていられること。

 

そこに至るには、まず今自分の中にあるメンタル負債を減らす。

メンタル貯金をしていく(=プラスに変える)

自然にポジティブ思考ができるように、思考の流れを作る

ネガティブなものを受け止めても、ポジティブな思考に変化させる

 

まずは、内臓の不調を改善していこう。

胃腸、肝臓、腎臓などがいずれもちょっぴりだけど良くない数値。

これにより免疫が落ちて、花粉症などのアレルギー反応が強く出ている可能性がある。

 

食事は、あまりガチガチに制限したくないので、身体を冷やす飲み物や食べ物を可能な限り減らすことにしよう。

 

運動をすることは、ポジティブ思考にもいいらしいし、筋肉が付けば冷えの改善にもつながるようなので、身体を動かすことにしよう。

 

身体のゆがみも強く出ているようなので、それを直す為に毎日必ず歩くか、泳ぐことにしよう。

 

まずは、ここから始めてみます。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp

tambamilk1300t.hatenablog.com

1300トンの男、充電開始する

どうも、1300トンの男です。

 

昨日の夜に診断書を会社に出しておいたので今日電話して、休ませて欲しいと伝えました。

 

診断書の効果が高かったのか、会社はあっさり休みを認めてくれ、私が休む間の仕事の段取りをし始めているようでした。

 

課長からはメールが来て、今は何も考えずに療養して下さいと書いてありました。

 

ありがたいことに一ヶ月は、お休みをいただけそうです。この期間を充電期間としようと思います。

 

家に籠もっているのは良いとは言えなく、胃を休めつつ、身体を動かす事が良いようなので、運動しつつよく出かけ、よく遊んで旅行して、力を蓄えたいと思います。

 

やはり、まだやり尽くしてないという気持ちがあるので、会社に戻ってもう一度やり抜きたい。

 

その為にはしっかり回復して、力を蓄えておきたいので、良く遊ぶことにします。

 

ネガティブに思考するのは良くないですが、会社のことや、仕事のことを考えるのは悪いことでもないみたいなので、会社のことを考えないでおくのはやめます。

 

休んでいても会社のことは、考えます。でも、前向きに考えて希望を持つようにして過ごしていきます。

 

その為の充電を今日から始めます。

 

 

1300トンの男、病院に行く

どうも、1300トンの男です。

 

友人に紹介してもらった心療内科に行ってきました。

そこは、薬はなるべく出さずに、思考の切替をアドバイスすることで治療を促すという先生がいるところでした。

 

先生との相性の合う合わないがあると聞いていたのですが、私には合ったようです。

かなり気持ちは楽になりました。

 

私の今の症状は「適応障害」というものにあたるようで、新しく環境が変化したときに心がついていかない状態を指すようです。

 

今回に関しては「後輩営業マンが3月末でいなくなる」という発表が大きく影響したようです。

 

車の事故を起こしたことについては、注意力が減少していたと考えられるようです。

通常の人間の注意力が10だとしたら、考え事や心配事があってそこに注意力を取られていると、3にも4にも、下手すすると1にも下がってしまうそうです。

 

これは、その時考えていなくても「考えないようにしよう」としているとやはり脳の力をそこに使ってしまうそうで、注意力が下がった状態だと、普段は簡単にできてたことができなくなったり、思い出せることができなくなったりとするのでミスも増えるようです。

 

この状態を脱するには、ひとまず原因である職場を離れるのが短期的には良いようですが、長期的には前向き思考になるように思考トレーニングをして、そもそもの心配事とか、考え事を大幅に減らすよう鍛えていくのが良いとのことでした。

 

なかなか面白い先生に出会えたので、ちょっと休みながらトレーニングしていきたいと思います。

 

 

1300トンの男、休もうとする

どうも、1300トンの男です。

 

前回のブログには、重い話なのにたくさん励ましのコメントを下さってありがとうございます。

 

今日は家内に送ってもらって、出勤し会社に対して

 

・自分が精神的に不調な状態であること

・会社を辞めることをしないために、しばらく休ませてほしいこと

 

を伝えてみましたが、なかなか難しい反応でした。

 

【3月末に辞める課長】

出勤してもらわないと困る。

営業が運転できないでは困る。

の一点張り

 

【常務】

わしは、今社長に追い出されようとしているから決定権などない

社長に訊いて判断してもらってくれ

 

【社長】

とにかく話したい。また時間を作るから話せないか?

会社に来るもは無理だろうけど、家の近くの喫茶店で話すのも無理だろうか?

 

こう見てみると最も人間味のあるのは社長なんだなぁ。

でも、社長は全然会社に行ってなくて社の人間と話してないので、明日休む許可をくれても誰かに言わないと休めない。

 

困った挙句に、営業事務の人と、シフト勤務を管理する総務経理の人に相談。

とりあえず明日、病院に行って診断書を取って、それから会社に報告してほしいとのこと。営業事務の人は「休めることになったらゆっくり休んでね」と言ってくれました。

 

後輩営業君には迷惑かけるだろうから、今日は一緒に行動してたので相談しておいた。

 

明日明後日くらいは休めるだろうけど、来週は休めるのかどうか。

会社がそれだけバラバラになっているということなんだよな。

 

 

 

1300トンの男、壊れそう

どうも、1300トンの男です。

 

これを書いてる今日は休み明けの月曜日ですが、朝から精神的にかなり不調でした。このところの週明けとしては、いつもの感じです。

 

そこへ来て、5月に辞めると言っていた後輩営業君、会社には5月までいるが営業は3月に辞めることになったと、常務より発表が。

 

目の前が真っ暗になりました。

 

来月からいきなり一人ぼっちになるというのもですが、後輩から事前に相談を受けなかったことが、です。

 

私のあまりのショックぶりに、後輩がすぐに話しに来て「どうしても言い出すことが怖かった」と聞き、ある程度納得はしたものの、ショックは残ったままでした。

 

でも、このことだけでこんなにひどい精神状態になっているわけではなく、多分前々から溢れそうになっていた物がギリギリ留まっていたのが、このことをきっかけにこぼれてしまっただけのように思います。

 

何とか前向きな仕事をしようと、フードロス対策の直売を打って出ましたが、このセットの配達に行っている途中で事故を起こしてしまいました。

 

車をバックさせている途中に軽いパニックを起こしてしまいアクセルとブレーキがわからなくなってしまって、後の塀にぶつかってしまったのです。

これはすごい恐怖でした。自分自身が怖い・・・。

 

ここまで自分の心が弱っていたと気づかなかった。

明日からどうやって会社に行けばいいんだろう・・・。