1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、そのカルシウム

どうも、1300トンの男です。 今回は牛乳の栄養素の中でも、1、2を争うもの「カルシウム」について書きたいと思います。 日本人は昔から魚を好んで食べてきた文化がありますが、実は魚に含まれるカルシウムはそれほど多くありません。 もしカルシウムを…

1300トンの牛乳、パッケージ変更の話

どうも、1300トンの男です。 氷上ヨーグルトデザイン変更の話は、あとは社長の承認を得るだけとなってきました。 この承認さえ下りれば、あとはやってくれるデザイナーの方を探すだけです。 キャラクターの指定、ベース色の指定、色数の制限、文字のポイ…

1300トンの牛乳、ヨーグルトのデザイン変更

どうも、1300トンの男です。 今日、会社の上層部に呼ばれ、弊社の最も古いヨーグルト商品、「氷上ヨーグルト」のパッケージ変更に関して相談がありました。 もうすぐパッケージの在庫が切れるタイミングで、ちょっと野暮ったいとも言えるデザインをこの…

1300トンの牛乳、飼料用米③

どうも、水泳は続けているものの断固として食事制限に応じないので、効果がでにくい1300トンの男です。 以前記事で書いた「1300トンの牛乳、飼料用米」で飼料用稲と飼料用米について触れましたが、その違いについてはほとんど触れてなかったと思いま…

1300トンの牛乳、ウルグアイの乳製品事情

どうも、1300トンの男です。 今回は、ウルグアイの乳製品事情について書きます。 ウルグアイは、イタリアなどからの移民が多く、古くからチーズなどをよく消費する国です、 日本ではイマイチ知られていない国ですが、実は世界有数の乳製品消費国です。 …

1300トンの牛乳とアレルギー

どうも、1300トンの男です。 今回は、牛乳アレルギーについて書きたいと思います。 人間には様々なアレルギーがありますが、このアレルギーを起こすのは遺伝的な体質と言われています。 つまり、アレルギーを起こしやすい体質というものがあるらしいので…

1300トンの牛乳、氷上低温殺菌牛乳の酪農家

どうも、1300トンの男です。 今日は丹波乳業の特色とも言える商品「氷上低温殺菌牛乳」の酪農家について少し触れてみます。 個人情報は明かすわけにはいかないので、個人が特定できない範囲での紹介となりますが、現在丹波市内の4軒の酪農家の生乳にて…

1300トンの牛乳、マサイ族

どうも、1300トンの男です。 今回はマサイ族について書きます。 牛乳の話でなぜマサイ族?と思われる方もいらっしゃると思いますが、じつはマサイ族は、牛や牛乳ととても深い関係があります。 まず正式にはマーサイ族というこの部族はケニヤに存在する部…

1300トンの牛乳は、完全食品か?

どうも、1300トンの男です。 たまに「牛乳は完全食品だ」という情報を目にすることがあります。 さて、これは正しいのでしょうか? 答えは「否」です。 牛乳は、完全食品とは言えません。 そもそも、完全食品の定義は、「(人間が)それだけを食べて生き…

1300トンの牛乳、魔の8月

どうも、1300トンの男です。 丹波乳業には「魔の8月」というものがあります。 毎年8月には、すごい赤字になり、他の月の売り上げでどれだけそこをカバーできるかというのが1年間の勝負となるのです。 理由としては夏休みによる学校給食の牛乳がないこと…

1300トンの牛乳、スジャータ

どうも、1300トンの男です。 スジャータというと皆さんは何を思い浮かべますか? いわゆるコーヒーミルク(関西ではフレッシュ)を思い浮かべる方が多いかと思います。 コーヒーミルクというものは、現在はコストや日持ちを高めたいがために植物性油脂が…

1300トンの牛乳、飼料用米②

どうも、1300トンの男です。 前回、飼料用米というものがあるということを書きました。輸入している配合飼料の一部をわざわざ米に変えるメリットはなんなのでしょうか? 以前、【1300トンの牛乳、牛の餌②】の記事で書きましたが、配合飼料というのは…

1300トンの牛乳、飼料用米

どうも、1300トンの男です。 今日は、社長と一緒に商談に行きました。その際のやりとりで、「飼料用米」という単語が出てきて、???となりました。 飼料用稲というのは、以前に社長から聞いて知っていたのですが、それとは違うようです。 ちなみに飼料…

1300トンの牛乳、生乳の逼迫

どうも、1300トンの男です。 以前、牛は生き物なので、牛の乳が年中一定量安定して採れるものではないという意味のことを書きました。 牛は寒さに強く、暑さに弱い生き物です。夏になると乳量が減り、脂肪分が減り、水分量が高くなります。これは餌を食…

1300トンの牛乳、発酵バターについて②

どうも、1300トンの男です。 少し前に「1300トンの牛乳、発酵バターについて」で発酵バターについて書きましたが、その中で生乳からクリームを作り、そのクリームを発酵させて(=前発酵)バターを作るほかに、できあがったバターを発酵させる(後発…

1300トンの牛乳、生乳の取り扱い

どうも、1300トンの男です。 生乳取引については、たまに人から(または取引先から)訊ねられることがあり、自分でも勉強しようとしているのですが、これがなかなか難しい。 これだ、というわかりやすい資料がないし、ネットでもわかりやすい記述が見当…

1300トンの牛乳、クリームチーズ②

どうも、1300トンの男です。 以前にも書いたクリームチーズについてですが、まだまだ面白いことがあったので、追記することにしました。 クリームチーズは、アメリカ、イギリス、オセアニアでは盛んなものですが、ヨーロッパでは、あまり盛んではありま…

1300トンの牛乳を愛してくれるお客様~その後

どうも、今人生最高潮に太ってしまったけど、食事制限は断固として却下している1300トンの男です。 先日、どうしても氷上低温殺菌を使い続けたいとおっしゃって下さったお客様ですが、何とかなることになりました。 お客様のすぐ近所にある保育所に氷上…

1300トンの牛乳、マスカルポーネチーズ

どうも、1300トンの男です。 今回は、マスカルポーネチーズについて書きたいと思います。これもまた日本でもポピュラーなチーズだと思います。それはティラミスというスイーツが日本でとてもポピュラーなので、その材料であるマスカルポーネも知名度が高…

1300トンの牛乳、発酵バターについて

どうも、1300トンの男です。 前回の記事で、発酵バターについて書きましたが、その製造方法についてコメントもあったので、もう少し詳しく工場における製造について触れてみます。 ①まず、原料である生乳を遠心分離機にかけ、クリームと脱脂乳にわけます…

1300トンの牛乳とバターの種類

どうも、1300トンの男です。 このところチーズの種類を色々紹介してきましたが、今回はバターの種類についても書きたいと思います。 バターはチーズのように色々あるわけではありませんが、大きく分けて2種類あります。 アメリカ、イギリス、日本で主流…

1300トンの牛乳、100トン減らず・・・

どうも、1300トンの男です。 先日、年間100トンの仕事の話があり、4社がそれに応募した後、2社に絞られ最後まで争ったのですが、先ほど落選の連絡をもらいました。 かなり長い間待たされてたので、予想はしてましたが、上司はがっかりしてました。 …

1300トンの牛乳、モッツァレラチーズ

どうも、1300トンの男です。 今回は、チーズ編です。日本でもポピュラーなモッツァレラチーズについて書きたいと思います。 モッツァレラチーズは、イタリアで生まれたフレッシュチーズで、本来水牛の乳から作ります。 普通の乳牛から作ることもできるの…

1300トンの牛乳、のんじゃえフレンチトースト

どうも、1300トンの男です。 前回フレンチトーストについて書きましたが、今回もう少しそれについて書きたいと思います。 基本のフレンチトーストの作り方としては、 ①卵と牛乳、砂糖、バニラエッセンスを溶いておく ②①にパンを漬け込んでおく ③熱したフ…

1300トンの牛乳、フレンチトースト

どうも、1300トンの男です。 先日パンプディングというものについて書きましたが、今回はフレンチトーストについて書きます。 フレンチトーストというと、フランス式のトーストという風に訳するかと思いますが、これは違うらしいです。 この言葉だけで言…

1300トンの牛乳、パンプディング

どうも、1300トンの男です。 前回プリンについて書きましたが、今回もその流れで「パンプディング」というものについて書きます。パンプディングというのは、日本式の呼び方で英語では「ブレッドプディング」になります。 古くなって、硬くなってしまっ…

1300トンの牛乳とプリン

どうも、最近どうにもプリンづいてる1300トンの男です。 意外と今まで書いてなかったプリンの話を今回は書いてみます。 日本人のイメージするプリンは、厳密にはカスタードプディングというものになります。 イギリスでは、蒸し物をプディングというのですが…

1300トンの牛乳の、現状報告

どうも、1300トンの男です。 1300トンが劇的に減るというような大きな話はありませんが、小さくとも着実に実績を積み重ねるように仕事を続けています。 配送ルートのロスが少なくなるなるようにあれこれ考えてみたり、ブログやフェイスブックのおか…

1300トンの牛乳、カマンベールチーズ

どうも、1300トンの男です。 今回も、日本ではメジャーなチーズであるカマンベールチーズについて、書きたいと思います。 カマンベールチーズは元々フランスのノルマンディー地方で生まれたチーズで、軟質チーズにカビを生やして熟成させるチーズです。 …

1300トンの牛乳を愛してくれるお客様

どうも、イベントと外回りと展示会とと、目まぐるしい週の1300トンの男です。 今日は、お客様に辛い話をしにいかなければなりませんでした。 かなり以前から弊社の氷上低温殺菌牛乳を愛用していらっしゃったパン屋の方なのですが、途中配送のやり方が変…