1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳と熱いエール

どうも、1300トンの男です。

 

今日はなんだか熱い日でした。

外は雪が降ってもおかしくないような気温ですが、心の内が、です。

 

まず取引先である卸の会社から、宝塚にある産直ショップへの納品の依頼が来ました。

それほど多い数でもないし、とりあえず一回だけの依頼なので、ふーんという感じでした。

 

その後は、遠方にあるメーカーから電話があり、宝塚にあるお店に納品する半生菓子を作るのに牛乳を使いたい、お店からは「丹波の牛乳を使って」という要望だと。

 

あれ?宝塚で何かあるのか?

 

そのメーカーの方は自身で氷上低温殺菌牛乳を買われて、気に入った様子で、少量だけど遠方まで送ってもらうことが可能かどうか、その場合の値段はいくらかなどと聞かれました。月に10リットル程度のものですが、なんだかとても嬉しかったのです。

 

そして友人のデザイナーが丹波乳業の商品POPを作ってくれました。

複数のスーパーに調査に行って、そのレポートまで付けての力作。

仕事中なのに胸がかっと熱くなって思わずうるっときてしまいました。

他の営業メンバーにも見せたけど、皆ちょっと感動してた。

 

FBでも丹波乳業の製品を写真付きでUPして応援していただいたりで、胸の熱さが治まりません。

 

これを糧にますます頑張りたいと思います。

明日は1月から営業に配属になった後輩連れて1日かけて丹波市内の全酪農家を見学して廻ろうと思っています。

 

皆様、ご支援ありがとうございます!

皆さんのおかげでこんなにも力づけられております。

 

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?