1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳のコレステロール

どうも、1300トンの男です。

 

今回は、牛乳とコレステロールのことについて書いてみたいと思います。

 

最近、生活習慣病を気にして低脂肪牛乳じゃないと飲めないという方をちょくちょく見かけます。

 

しかし、私が調べた範囲では、これは必ずしも正しくないと思います。

 

そもそも、コレステロールに対する考え方がはっきりわかってないケースも多いのではないでしょうか?コレステロールは全て悪いというものではなく、人にとって必要なものでもあります。

 

では、なぜ悪く言われるのか?それはコレステロールには、LDLとHDLというものがあるのですが、この性質の違いが知られてないので、悪い部分のみクローズアップされているからです。

 

LDLは、血液を全身のすみずみまで運ぶ重要なものですが、LDLが増えすぎると血管に対して悪さをするので、増えすぎるといけないといわれています。このイメージがコレステロールを悪く位置づけていますが、なければならないものです。

 

一方HDLは、余ったコレステロールを回収して肝臓へ送るので、LDLが増えすぎることを防止する働きがあります。

 

まとめるとLDLは摂りすぎてはいけないが、HDLの量も少なくてはいけないということになります。

 

ここで牛乳の話ですが、牛乳の中の乳脂肪にはコレステロールが含まれますが、その量は決して多くはありません。LDLもHDLも同様に摂取するので、バランスがよく、牛乳のみで問題を起こすことは考えられません。生クリームやバターだと乳脂肪の塊なので、摂りすぎるとコレステロールの総量があがることと、あとはカロリーが高すぎることにより、生活習慣病のリスクが高まります。

 

つまり、脂肪分の多い牛乳が身体に悪いというのは全く根拠がないと私は考えます。

低脂肪牛乳を選ぶ方は、カロリー面か味わいで決められてはいかがでしょうか?

カロリーや味の問題がないなら、自分が美味しいと思うものを飲まれるのが一番だと、私は提案します。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?