1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、馬乳酒

どうも、1300トンの男です。

 

前回、ヨーグルトの歴史について書きましたが、その際に馬乳酒といううものが出てきました。牛のものではないのですが、ちょっと興味をもったので、これについて調べてみました。

 

馬乳酒は、馬を多く飼育する遊牧民の間で育った独特の文化で、乳糖に含まれる酵母と乳酸菌による発酵で作られる酒の一種です。

 

乳酸菌発酵の作用で強い酸味が生まれ、二酸化炭素ガスによって微発泡になるそうなので、大分刺激が強そうですね。韓国のマッコリの個性をうんと強くした感じでしょうかね、想像ですが。

 

マルコポーロの東方見聞録や、モンゴルの伝説などにも登場していることから、その歴史はかなり古いようです。結核に効くと信じられていたこともあり、昔は薬としても珍重されていたようです。

 

牛乳メーカーからすると恐ろしいことですが、夏の暑い時期に殺菌もしない乳を発酵させて作るのが基本なので、日がたつにつれて結構な匂いもするそうな。アルコール分は意外と低く、酒というよりは栄養ドリンクや、のむヨーグルトのような扱いでも飲まれるようです。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?