1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、開けにくい?

どうも、1300トンの男です。

 

弊社の牛乳をお買上げいただいたお客様から、まれに「牛乳パックが開けにくい」といったご意見をいただくことがあります。

 

これが、乳業としては実に悩ましい問題なのです。輸送のために漏れるのを避けたいので継ぎ目はしっかり止めておきたいというのがメーカーの思いです。

牛乳は紙パックですので、しっかり継ぎ目を止めておかないと、漏れてしまうからです。底についてはしっかり圧着しておけばよいだけなので問題ありませんが、注ぎ口が難関です。

 

開け易くないといけませんが、漏れてもいけません。恐らくどこのメーカーでも熱で圧着する方式をとっているかと思いますが、これが気温や湿度の変化でも微妙に変わってくるため圧着温度の調整を行う必要があります。

 

弊社でも毎日とまではいきませんが、季節に応じて微調整しております。しかし、季節の変わり目などには難しい調節を迫られます。迷う時には漏れない方を選択するため、わずかですが強めに圧着する結果になってしまいます。

 

しかし、これが開けにくいという意見をいただくことになるのです。最近はこれを嫌う大手メーカーが、開け口をキャップ式にすることが増えてきました。そうすれば漏れにくく開け易い牛乳パックが可能だからです。

 

ですが、このパックは容器代が高くなります。そのため今まで1リットルだった容器を900mlに変更して新パッケージで販売したりするわけです。

 

皆さんは、もし開けにくい紙パックに出会った時は、「漏れないようにしっかり止めたあるんだな」という風にご理解いただければメーカーとしては何よりありがたく思います。

 

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。
もし、置いてるけど載ってないよ!という店舗がありましたら
ご一報ください!

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、興味のある方は
ご覧いただければ嬉しいです!
贈り物などにも好評いただいております。