1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、八丈島乳業

どうも、1300トンの男です。

 

酪農や乳業のことを色々調べていて、八丈島乳業というニュースを発見しました。八丈島は昔は酪農で栄えたことがある島だったそうですが、ご多分にもれず高齢化・後継者不足、不採算などの理由で閉業しかかっていたそうです。

 

それを島のホテルが事業継承という形で買い取って、再生に入っているということのようです。

 

閉業近い頃にはコストの低い輸入飼料のみを使って、乳量の多いホルスタインを飼って牛乳を生産していたようですが、そういったことを全てやめて、昔のやり方に戻したそうです。

 

ホルスタインと同じ位餌を食べるのに、ホルスタインの半分しか乳を出さない=コストの高いジャージー種に切り替えて、牛舎で飼っていた牛を山地放牧に切り替えたというのです。

 

ジャージー種に切り替えたのは、足腰が丈夫で山地でも放牧できるからという理由です。自然放牧することによって、餌である牧草の大部分を自生しているものを牛が勝手に食べるようにしました。元々八丈島には色んな種類の牧草が生える為に酪農が盛んだったそうです。

 

生の牧草だけでは脂肪分が下がりがちですが、ジャージー種はホルスタインより乳脂肪が高い上に年中安定しているのです。

 

もちろん、良いことばかりではないです。これによって、人では少なくて済むものの、乳量が少ないので、収入はまだまだ少ないはずです。

 

八丈島乳業では、直営のショップを作ったり、ブランディングによって商品価値を高めることによって解決しようとしているようです。

 

これを知って、とても羨ましくなりました。不採算で閉業しかかってた工場を引き継いだのは丹波乳業も同じ。ほんとうはブランディングをしっかりして商品価値を高めたいけど、できてないという現状。

何とかしないと。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?