1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、ヨーグルト不老長寿説

どうも、4月は、20トンほど乳が余るかもと言われ、急すぎて途方にくれている1300トンの男です。

 

とりあえず、地元スーパーから4月最終週末に特売イベントかけたいと言われたので、1、2トンは消費できるかもしれませんが、まだまだ・・・・。

 

予想より搾乳量が増えていることと、3月のインフルエンザなどで牛乳の消費量が激減してたことが影響しているようです。

 

乳量は変動が激しくどうにも予想がつきません。先月までは今年は足りなくなるかもと悩んでたのに。

 

今回は、ヨーグルト不老長寿説というものについて書きたいと思います。

 

これは、110年ほど前にロシアの科学者イリヤ・メチニコフが提唱したもので、正確には「ヨーグルトには老化を抑える効果がある」というものでした。

 

メチニコフは、人間の腸内には腐敗物質が蓄積していき、これが老化の原因でありやがて死をもたらすと考え、腐敗物質を駆逐する方法を研究します。その方法として彼が発見したのが、「乳酸菌で腸内を満たせば腐敗物質を駆逐して、老化が抑えられる」というものでした。

 

この根拠としてはブルガリアの人々はヨーグルトを常食することで長寿たりえている。というもので、それはもしかしたら正しいのかもしれませんが、乳酸菌を腸内で満たしたからとは言えないかもしれません。

 

なぜなら、ほとんどの乳酸菌は酸に弱く、胃酸に負けてしまい腸まで届かないからです。しかし、現在もまだ解明されてない余地として、「胃酸に負けた後の菌も腸内の環境改善を行う可能性がある」というものがあり、これによって腸内フローラが整えられることにより長生きするという説が根強く残っています。

 

つまり、メチニコフの不老長寿説は正確ではなかったが、もしかしたら一部正しい可能性はまだ残ってるということですね。

 

このことは今度研究されていくと思いますので、興味深いですね。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?