1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳とオーストラリアの牛乳事情

どうも、1300トンの男です。

 

今回は、オーストラリアの牛乳事情について書いてみます。

 

なぜオーストラリアかというと、私が二十数年前に留学していた国だからというのもありますが、先日展示会にて丹波乳業のブースに立ち寄ってくれたオーストラリアの方が「氷上低温殺菌牛乳」を飲んで「オーストラリアの牛乳と似た味がする!」と言ってすごく喜んでくれたことが、強く心に残っているからでもあります。

 

そう、オーストラリアでは牛乳は低温殺菌のものが主流です。ノンホモ製法も珍しくないようです。そして安い!大体2リットルでも2ドル(170円~210円位)と破格です。

 

種類としては、低脂肪牛乳か成分無調整かということになります。

 

チーズやヨーグルトももちろん安いです。乳製品はすべて大容量で、ヨーグルトは1kgパックがありますし、牛乳も1リットルサイズもありますが、主流は2リットルか3リットルです。

 

アイスクリームも4リットルから10リットルのサイズが普通にスーパーで売られていますが、とてもリーズナルブルです。

 

 これは政府が乳業がメーカーや酪農家に対して奨励金を支払って、支えているからで、さすが酪農大国といったところです。

 

日本もそうしてくれれば、安い値段で国産のチーズやバターが買えるようになるんですが。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。
もし、置いてるけど載ってないよ!という店舗がありましたら
ご一報ください!

 

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、興味のある方は
ご覧いただければ嬉しいです!
贈り物などにも好評いただいております。