1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、丹波で山地酪農できないのか!?

どうも、連続で新聞に取り上げられ にわか有名人気分の1300トンの男です。

 

先日、弓削牧場視察に行く際の車の中で、弊社社長に山地酪農についての意見を色々聞いてみました。

 

どうしても、山地酪農のことが頭から離れなかったからです。丹波もご多聞に漏れず、山の荒れ方の問題、獣害には悩まされています。

 

それを解決する方法として、山地酪農は素晴らしい方法ではないかと思えてならないのです。牛が山に入ることで、獣の餌が減るのでむやみに繁殖する可能性がもしかしたら減るかもしれません。

 

何より下草や低いところの木の葉などを食べたり、地面を踏み慣らして、木々の間隔を広いものにしてくれて、日当たりを良くして木々が良く育ちます。

 

また、牛が糞尿をするので、これもバクテリアが分解してくれることにより、養分へと変わるのではと思います。

 

大きい木になるということは、根がしっかり張り、しいては治水能力が上がるのではないでしょうか?

 

山の環境を劇的に改善するなら、搾乳の効率が悪くても、山地酪農には大きなメリットがあるのではないでしょうか?私は山の専門家でもなんでもないので、素人考えなのですが、これは夢物語なのでしょうか?

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。
もし、置いてるけど載ってないよ!という店舗がありましたら
ご一報ください!

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、興味のある方は
ご覧いただければ嬉しいです!
贈り物などにも好評いただいております。