1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳と飛鳥鍋

どうも、1300トンの男です。

 

牛乳について調べていると「飛鳥鍋」なるものが出てきました。牛乳と鶏がらスープをベースに鶏肉と様々な野菜を煮る料理で、食べるときにしょうがを加えるようです。

 

ふむ、おいしそうですね。

 

そして、この鍋のルーツは飛鳥時代に僧侶が寒さをしのぐために鶏肉を牛乳で似て暖をとったのが始まりという説があるとのこと。

 

・・・これは無理がありますね。

 

飛鳥時代の牛乳はとても貴重なもので天皇陛下に献上されたとするもので、およそ2.4リットルと記録されています。

 

そんな貴重なものをただの僧侶が鍋に使うことができたかどうか・・疑問です。

 

元々はヤギの乳を使った料理だという説もあって、これならまだ納得できますね。

 

他の説としては、大正時代にえらい役人が明日香村を訪れた際に、村でできる精一杯のもてなしとして鶏肉を乳(恐らくヤギ)で煮たというものと、大正末期に国が畜産の奨励をしたがために、牛乳が余ったので編み出された料理という説まであります。

 

結局のところ、確証となるものはないようですが、確実に言えることは、「昭和に槙原観光ホテルが名物料理を作るために復活させた」ということです。文献からなのか、伝聞からなのかは記されてないので、なんとも。

 

ともあれ美味しいなら問題ないですね

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?