1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳の白さの実験

どうも、1300トンの男です。

 

以前の記事「1300トンの牛乳はなぜ白いのか?」の回で、牛乳の中のたんぱく質カゼイン」が光に反射して白く見えるからだということを書きました。

 

これを簡単に証明できる実験が家庭でも簡単にできます。

 

まず牛乳を鍋に入れて、そこに酢を牛乳の10%程度の量入れて、加熱します。

 

加熱する温度は60度程度ですので、中火~弱火で調節してみて下さい。

 

温まったら、しばらく放置すればミルクカゼインが凝固するので、分離していきます。

 

上澄みだけを取れば、これがホエーです。

 

この液体からはたんぱく質がかなり分離してしまってるので、もう白くないはずです。

 

これが牛乳の白い色はカゼインのせいだという証明ができますね。

 

ちなみに、実験の後の凝固したカゼインは水洗いして水を切ればカッテージチーズとして、サラダなどに入れて食べると美味しいです。

 

ホエーの方は炭酸水などで割って飲むと美味しいと思います。

お子様達と楽しい実験、してみてはいかがでしょうか?

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?