1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳の白さの実験②

どうも、本日京都での屋外イベントの仕事で、思いのほか日焼けしてしまい、ヒリヒリしている1300トンの男です。

 

以前「1300トンの牛乳の白さの実験」というタイトルで記事を書きました。

 

牛乳の白さの理由は、牛乳の成分の中のたんぱく質カゼイン)の粒子が光で反射して白く見えているからという内容です。

 

今回さらにそれを証明するもう一つの実験方法があることに気づきました。

 

バター作りです。

 

動物性の純生クリームと、ノンホモの牛乳を同量ずつ(生クリームだけでもできます)をペットボトルに入れて、振り続けると、脂肪球同士がぶつかりあって、結合しバターができます。

 

その際には脱脂乳が出来るのですが、色は白いです。

 

バターは、乳脂肪の結合した状態ですが、たんぱく質はほとんど脱脂乳の方に残るので、脱脂乳は白く見える、というわけです。

 

ここがチーズと正反対なところなんですよね。

 

チーズはたんぱく質酵素の力で凝固するので、残った液体にはたんぱく質があまり残らないので透明に近い、しかしバターはたんぱく質ではなく乳脂肪だけ使うので残った液体は白いというわけなんです。

 

バターにはほとんどたんぱく質がないってのも意外でした。

なかなか面白いですよねぇ。

 

チーズ作りとバター作り、同時にやるとかなり勉強になるかもしれませんね。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?