1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、マサイ族

どうも、1300トンの男です。

 

今回はマサイ族について書きます。

 

牛乳の話でなぜマサイ族?と思われる方もいらっしゃると思いますが、じつはマサイ族は、牛や牛乳ととても深い関係があります。

 

まず正式にはマーサイ族というこの部族はケニヤに存在する部族で、1970年以降に日本のドキュメンタリー番組などでしきりに紹介され、知名度が高い部族です。

 

槍を持ってジャンプする「マサイジャンプ」のイメージが強いので、狩猟民族と思われがちですが、実は遊牧民族です。あの槍は、家畜や部族を守る為の猛獣狩りや、他の部族と戦うためのものなのです。

 

マーサイ族にとって、牛は最も重要な財産であり、通貨の代わりもします。なので、牛をどれだけ飼っているかで、モテるかどうか変わりますし、部族内での権力も違います。

 

長老が部族の方針を決め、そのすぐ下に戦士階級がいて、戦士が村を守る役目を担っています。

 

主食としては、牛乳と牛の生き血になります。野菜はほとんど採らず、肉は祝い事やお客への接待などの特別なことがない限り食べないそうです。つまりは牛乳と牛の生き血をメインで生活しているということなのです。

 

前回、牛乳が完全食品でない理由として、鉄分とビタミンCの不足を挙げましたが、これを補強する為の生き血ということではないでしょうか?

 

特に戦士階級は、1日に3リットル~10リットルもの牛乳を飲んで、戦いや狩りに備えると言われています。

 

どうですか?マーサイ族と牛乳、意外にも深い関係があったでしょう?

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?