1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳とアレルギー

どうも、1300トンの男です。

 

今回は、牛乳アレルギーについて書きたいと思います。

 

人間には様々なアレルギーがありますが、このアレルギーを起こすのは遺伝的な体質と言われています。

 

つまり、アレルギーを起こしやすい体質というものがあるらしいのです。

 

食品では、たんぱく質に対するアレルギーが多いようで、魚、卵、牛乳、大豆などもアレルゲンとなりえます。

 

特に日本人には魚や卵が多く、アメリカ人には牛乳のアレルギーが多いといわれますが、これは食生活から来ていると思われます。

 

アメリカ人は、昔から牛乳アレルギーに悩まされてきたようで、以前書いた「1300トンの牛乳と煉乳」の①と②で触れましたが、乳児を煉乳で哺乳するという時代がありました。

 

これは、牛乳の衛生事情が悪かったので、そうしていたというだけでなく、牛乳アレルギーを避ける為に、たんぱく質を加熱させていたというのも、理由の一つと考えられます。

 

そう、たんぱく質を充分加熱させることで、アレルギーの可能性を下げると考えられていて、離乳食に卵を与えるときにはしっかり固ゆでにして与えるようにと指示する医師もいたようです。

 

しかし、近年では加熱して熱変性させてもアレルギーの危険性は多少は減っても、0にはならないことがわかっています。

 

牛乳でアレルギーを起こした乳児に大豆ベースの調整乳を与えることがよくありますが、牛乳アレルギーになった乳児は大豆にもアレルギーを発祥する恐れがあるので注意しないといけないようです。

 

アレルギーって対処が難しいですね。

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?