1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、ウルグアイの乳製品事情

どうも、1300トンの男です。

 

今回は、ウルグアイの乳製品事情について書きます。

 

ウルグアイは、イタリアなどからの移民が多く、古くからチーズなどをよく消費する国です、

 

日本ではイマイチ知られていない国ですが、実は世界有数の乳製品消費国です。

 

「ドゥルセ・デ・レチェ」という半液状のミルクキャラメルが人気の高い乳製品がありますが、これは日本で言うところのミルクジャムのようなものだと思われます。

 

元々放牧を主にしていた国ですが、最近は濃厚飼料を与えて、乳脂肪が高くなるようにすることが流行りつつあるそうです。

 

国内でも、チーズの消費が激しいので、より生産性を挙げようという考えで進んでいるように見受けられます。

 

ウルグアイでは、日本同様、ホルモン剤や抗生剤の使用はほぼないに等しいので、優良な酪農大国という印象です。

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?