1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳パックのリサイクル②

どうも、今週はなかなか水泳に行けずお腹周りの気になる1300トンの男です。

 

前回、紙パックのリサイクルの是非について書きましたが、今回はその続きです。

 

そもそも、牛乳パックをリサイクルする理由はなんでしょうか?

 

原料であるパルプは、木から作られます。

 

その木をむやみに伐採しないためには、パルプの使用量を減らそう、そのためには牛乳パックをリサイクルしよう。

 

という目的もあるようです。

 

しかし、です。

 

植林している場所に限定していうなら、管理上間引きのための伐採は必要ではないでしょうか?

 

熱帯雨林の伐採は環境負荷が大きいので、私も反対ですが、紙に使用するパルプというのは、以前「1300トンの牛乳パックができるまで」で触れましたが熱帯雨林の木は向いていないので、北米や北欧のものを使用します。

 

もちろん、材木にするべく管理された森林で、その間伐材をパルプにしているのです。

 

であれば、私には環境負荷がそれほどあるとは思えないのです。

 

むしろリサイクルするためのエネルギーを作ることによって、二酸化炭素を増やしているのではないでしょうか?

 

皆さんはどう思われますか?

 

https://drive.google.com/open?id=1l5b6j2lJsA3EPEbqeTDfRar7wZ3dFu_0&usp=sharing
丹波乳業の製品をお取り扱いいただいてる店舗様をMAPにしました。
問屋経由で置いてある店は、まだまだ私どもも把握していないところもあります。

http://www.tambamilk-shop.jp/
丹波乳業のオンラインショップです。
お近くに取り扱い店舗がないけれど、ご興味のある方は
いかがでしょうか?