1300トンの男の日記

これは、危機に瀕している地方の小さな乳業を救うために、毎年余っている1300トンもの牛乳を売ることを決意した男の日記というか、発信です。

1300トンの牛乳、営業日誌9/13

どうも、1300トンの男です。

 

今日は但馬地域の得意先回りに行ってきました。

 

豊岡にあるJA産直ショップ。ここは普段から牛乳とヨーグルトが入ってますが、たまに出す袋詰めが人気です。

 

しばらく袋詰めの注文がなかったので、担当者に挨拶しにいくと、早速注文をいただきました。

 

袋詰めは利益率が低いので乱発するものではないですが、ヨーグルトがダブりがちな時には有効な販促です。

 

そのあとも、地元小売店を何軒か廻りましたが、どこも牛乳の仕入れには苦労している様子でした。

 

弊社もまだまだ厳しい状況ですが、数件の小売店から注文の増加がある程度が耐えられないわけでもないので、牛乳が足りなければお力になりますと答えておきました。

 

どちらかというとヨーグルトの方が余裕あるので、ヨーグルトを入れて欲しいところです・・・。

drive.google.com

www.tambamilk-shop.jp